多肉植物の水耕栽培

多肉植物を水耕栽培?と思われる方もいるかもしれませんがこれも
ひとつの楽しみ方です。

 

興味ありますよね?

早速水耕栽培の方法を紹介したいと思います。

 

☆まずは用意するもの

水耕2

用意するもの

水耕栽培用のガラスの容器。お水が貯めれればどんなものでもかまいませんが

透明のガラスで根っこも楽しみたいですね。

そして多肉植物です。サボテンでもできますよ♪多肉植物は土から抜いてきれい

に根を洗ってください。

ガラスの容器は植物が中に落ちない口径のものを用意しておいてください。

 

 

 

 

 

☆根っこをきります

水耕3

思いきって切ります。

付け根のところから思いきって切ってしまいましょう。

今ある根っこは土の中で育つ為の根っこで水の中で育つのには適していません。

成功のコツは新しい根っこを発根させてあげることです。

 

 

 

 

 

 

 

水耕4

切りました。

茎が付いている場合は残しておいても大丈夫です。

お水に浸りすぎない長さに切ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

☆切り口です。

切り口です。

切り口です。

切った後しばらく乾かしてからお水につけるのがおすすめですが

すぐでもかまいません。

多肉の挿し木では切り口を乾かすのは定番のテクニックですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

☆お水を注ぎましょう。

お水を注ぎましょう。

お水を注ぎましょう。

ここでのコツは切り口がお水につかないぎりぎりのところに水面を

調整することです。

自然にお水に反応して根っこが出てきます。

植物の力を信じましょう。

 

 

 

 

 

 

 

☆完成です。

出来上りです♪

出来上りです♪

写真のように水面と切り口をぎりぎりのとこに調整してください。

数日から1週間程度で発根してくると思います。

お水はこまめに取り替えましょう。

置き場所は日当りの良い場所ならどこでも大丈夫です。

 

みなさんもぜひ挑戦してみてくださいね♪

 

 

 

 

 

冬越しできました。

冬越しできました。

こちらの水耕栽培は当店で冬越ししたものです。

屋根はありますがほぼ屋外で氷点下になったこともあります。

水面に若干の氷が張っていたこともありました。この画像は3/23撮影です。

水耕栽培で育てると不思議と徒長しなくなるような気がしていますがなにぶん

サンプル数が少なすぎて確信は持てていません。

サボテンでは開花も見られますしお水の心配をすることなく気軽に育てられて

日々の暮らしに取り込むにはおすすめの育て方だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です